エアウェイブ 買取価格 相場 よりも 高額 にする 裏技 を解説しています!今すぐ確認!
↓↓↓↓↓クリック!
http://自動車買取.so-net.or.jp/

エアウェイブ 買取 相場

エアウェイブの買取価格をエアウェイブの買取相場よりも高額にするための裏技を本音で語っています。

↓↓↓↓↓↓↓コチラをクリックして今すぐ確認してください!

【エアウェイブの買取価格を高額にする裏技はコチラをクリック!】

本田技研工業が生産・販売していたエアウェイブ(Airwave)は、ステーションワゴン型の小型乗用車である。車名エアウェイブは、空気の流れ(風)が感じられる、洗練されたスタイルで、明るく、広く、開放感あふれる室内空間を持ち、自然との一体感を創造する爽快感あふれる車、という意味である。2005年4月エアウェイブは発売された。エアウェイブは、生き生きとしたフォルムの外観で、スポーティで安定感のあるシルエットが特徴である。コンパクトカーのフィットをベースとしたステーションワゴンで、低床による使い勝手の良さと多様なシートアレンジが可能となっている。余裕のある室内とクラストップレベルのラゲッジスペースを確保している。独自の装備として、ガラスエリアがルーフの大半を占めるスカイルーフを採用している。眩しさを防止するプライバシーガラスと断熱性のある高熱線吸収UVカットガラスを融合させ、紫外線や強い日差しからの対策も図っている。6:4分割可倒式リアシートを装備し、簡単操作により、4つのシートアレンジが可能である。エンジンは1.5リッターVTECを搭載し、排出ガス75%低減レベルの認可を取得している。安全装備はABS、SRSエアバックが標準装備となっている。2010年8月エアウェイブは生産を終了し、2011年6月にフィットシャトルが発売されるまでは、ホンダの5ナンバーステーションワゴンはストリームのみとなった。

【運営者情報】自動車評価学会 エアウェイブ買取相場研究部会

性別: 男性 女性
職業: 学生 会社員 公務員 その他

年代:

リンク集| リンク集1| リンク集2| リンク集3| リンク集4| リンク集5| リンク集6| リンク集7| リンク集8| リンク集9| リンク集10| リンク集11| リンク集12| リンク集13| リンク集14| リンク集15| リンク集16| リンク集17| リンク集18| リンク集19| リンク集20| リンク集21| リンク集22| リンク集23| リンク集24| リンク集25| リンク集26| リンク集27| リンク集28

i2i無料WEBパーツ